Akamai Technologiesの歴史は、1995年にMITの数学者であったTom Leighton教授が、webにおけるコンテンツの最適な配信方法を研究したことに始まる。このときに考案されたのが、Content Delivery Network(CDN)であり、webにおけるコンテンツを配信する際に「最も近いキャッシュサーバーからデータを配信する」ことを実現する数学的なアルゴリズムであった。 だが、インターネットが普及途上にあったため、商用化は難しいと考えられていた。実際に、CDNの商用化のために大手プロバイダー(ISP)からは、良い返事を得ることはできなかったという。 このため、CDNの理論的な研究は完了していたものの、Akamaiの実用化のための起業はインターネットバブルによる追い風が吹くまで待つ必要があった。
1998〜2022
Akamai Technologies | Revenue
■単体 | ■連結 (単位:$100M)
3616$100M
2022.12 | Revenue
Revenue_NetIncomeratio
○単体 | ○連結 (単位:%)
523$100M
2022.12 | NetIncome