<h3>シャープ元副社長・佐々木正氏の支援で創業</h3> 1981年に孫正義氏(当時23歳)は、出身地の九州で日本ソフトバンクを設立した。会社設立にあたっては、佐々木正氏(シャープ元副社長)が尽力している。孫正義氏はシャープに自動翻訳機の特許を売却した際に、シャープの佐々木氏と知り合った経緯があった。そして、ソフトバンクの創業時は、佐々木氏による個人保証、佐々木氏からの銀行の紹介、シャープへの特許売却益などによって創業資金を捻出した。この意味で、シャープの佐々木正氏が、ソフトバンクの創業時に大きな役割を果たしていた。<h3>パソコン向けソフトウェアの流通に着眼</h3> 孫正義氏は、起業家を志すなかで「パソコン向けのソフトウェアの流通」の事業化に軸を絞った。1980年前後はパソコンが国内でも急速に普及しつつあった一方、パソコン用のソフトウェアの流通網が整備されていなかった。そこで、ソフトウェアの作成会社と、ソフトウェアの販売店(家電量販店など)を結びつけ、いち早くソフトウェアの流通網を整備することにビジネスチャンスを見出した。<h3>上新電機とハドソンと独占契約を締結。卸売として躍進へ</h3> 販売面において、1981年に日本ソフトバンクは、家電量販店のトップ企業である上新電機と提携。ソフトバンクが独占的にパソコンソフトを納入する権利を獲得する。なお、設立間もないソフトバンクが上新電機と提携できた理由は、シャープの佐々木正氏が孫正義という人物を信用していたことが上新電機にも伝わったからであった。 仕入れ面において、ソフトバンクはソフトメーカーであるハドソンと独占契約を締結。有力ソフトメーカーを掌握することによって、ソフトバンクはパソコン向けソフトで唯一無二の存在となった。
1982〜2022
ソフトバンクグループ | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
62215億円
2022.3 | 売上高
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
-17080億円
2022.3 | 純利益