The社史 > ミスミ

ミスミの歴史

創業年
-
上場年
-
更新日:
三枝匡(ミスミ・元代表取締役社長)
三枝匡(ミスミ・元代表取締役社長)
イラストは筆者作成 @Yutaka Sugiura
  • 歴史
    経営戦略
  • 沿革
    主な出来事
  • 業績
    長期の業績推移
1963年

東京都千代田区にて三住商事を設立

ベアリング等の販売を開始。1965年からは金型部品「ノックピン」を発売し、金型部品の取扱いが特色に
1973年

愛知県日進に営業所を新設。トヨタとの取引強化

トヨタ自動車及びトヨタ系の企業との取引を強化するために、豊田市に隣接する愛知県日進市に中部営業所を新設。トヨタとの取引関係が、企業としてのミスミの信頼構築につながった。
1977年

プレス金型用標準部品カタログを創刊

田口弘の発言(1996年・当時社長)
田口弘の発言(1996年・当時社長)
顧客優先主義の結果なんです。機械工具業界の販売業者というのは、メーカーの販売代理店の性格が強いんですね。我々はそうじゃなくて、ユーザーの購買代理店をやろうと考えたんです。日本の製造業はプロダクトアウト、つまりメーカーが価格から製品開発まで全実権を握っている。それに対して全く逆のビジネスをやろうというのが、マーケットアウトなんです。メーカーが売りたいものを売るんじゃなくて、お客さんの欲しいものを買うんだという考え方です。それを具現化したのが。今のカタログ販売です。
1996/3/11日経ビジネス「編集長インタビュー・田口弘」
1994年

東京証券取引所第2部に株式上場

1998年

東京証券取引所第1部に株式上場

2002年

三枝匡が社長就任。実質創業者の田口弘氏は退任

世代交代のため、実質創業者の田口弘がミスミの社長を退任し、経営改革で定評のあった三枝匡氏が社長に就任した。三枝氏は、ボストンコンサルティンググループを経て、コマツなどの改革に従事しており、V字回復のプロ経営者とも知られていた。
2003年

中国への本格進出

中国メーカーの台頭を受けて、ミスミは自ら中国進出を決断。社内で「突撃計画」を策定し、1年で物流拠点、コールセンター、情報システム、カタログ発刊準備、現地中国人の採用などを目標とし、短期間で中国事業の立ち上げを試みた。
三枝匡の発言(2007年・当時社長)
三枝匡の発言(2007年・当時社長)
私は米国が1960年代以降、日本に敗れていった歴史と同じことが日本と中国の間で起きるという歴史観に突き動かされていました。思い返すと、10年前に「ここで動かないと致命傷になる」と中国へ進出したのは正しい決断でした。あのタイミングを逸していたら、ミスミは日本の金型産業が中国に敗退し、多くの倒産が出たのと似た命運を辿っている可能性があります。10年越しで追いかけてきた中国戦略の経験から、経営者として正しい歴史観を持ち、自分の戦略フレームワーク(物事の構造や本質を理解し、分かりやすく説明するための道具)に反映させる重要性を改めて痛感しています。
2013/4/29日経ビジネス「経営教室」
2004年

駿河精機と経営統合(買収)

海外展開に備えて、駿河精機を経営統合(買収)して製造機能を内製化した。目的は(1)海外展開の積極化と、(2)製造現場の生産性を改善するモデルを作り込むことであった。ミスミは、従来通りに国内協力工場に対して製造を発注しつつも、製造現場の改善案を提案することで、サプライチェーン全体の効率化を目論む。駿河精機の買収により、ミスミは商社から「メーカー機能を持つ商社」に転身する。
三枝匡の発言(2007年・当時社長)
三枝匡の発言(2007年・当時社長)
駿河精機と経営統合、有り体に言っちゃえば買収なんですけど、したきっかけは海外展開なんです。ミスミはメーカーさんを何百社と組織化しているんですけど、ほとんどが中小企業なんですよ。海外展開をしようと思っても、一緒に付いていく体力のないところばっかりです。海外で「創って、作って、売る」をきちんとやるために、手始めに駿河さん、当時、ミスミの中では最大の協力メーカーだったんですけど、そこと一緒になったということですね。
2007/12日経情報ストラテジー
2010年

EC事業に参入

自社ブラント及び他社ブランドを取り扱うEC事業を開始し、流通事業に参入した。従来のミスミは自社製品(協力会社から仕入れ)のみの取り扱いであったが、他社製品も取り扱うことで業容の拡大を目論む

関連する企業

競合企業や同じ業種の会社など
歴史
業績