三菱財閥(三菱合資会社)は、第一次世界大戦の勃発(1914年〜1919年)により業容を拡大したことを受けて、営業部門を「三菱商事」として分離。商社事業を別会社として展開することで、市況変動などのリスクを「三菱財閥」として背負わずに済む体制を構築した。 その後、1945年に終戦を迎え、GHQは日本国内の財閥の解体を決定。三菱財閥は解体されることが決まり、「三菱」の商号利用も一時的に禁止された。三菱商事の営業権については、元三菱商事の社員が経営する各社に分散された。
1950〜2024
三菱商事 | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
n/a億円
2024.3 | 収益
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
n/a億円
2024.3 | 当期純利益
2000年〜

三菱商事 | キャッシュフロー

単位:億円
出所:有価証券報告書