<h3>近江商人による行商がルーツ</h3> 伊藤忠商事の創業は、1858年(江戸時代・安政5年)に麻布の卸売業を営んだことに始まる。創業者は初代伊藤忠兵衛(当時・15歳)と、兄にあたる6代目伊藤長兵衛であり、兄弟による共同創業の形式をとった。 ともに近江国・豊郷村の出身であり、近江商人の拠点として知られ、商売が盛んな土地柄であった。このため伊藤忠も近江商人として、麻布の行商を営んだ。販売先は関西一円であり、九州地区に赴いた時期もあったという。 ただし、行商は交通が未発達だった江戸時代には利益を生んだが、明治維新により「蒸気船・鉄道」による交通網が発達すると行商の介在余地が減少。利益の確保が難しくなり、初代伊藤忠部は行商からの脱却を決めた。<h3>貿易業にいち早く参入</h3> 明治5年に初代伊藤忠兵衛は、大阪本町にて「紅忠」を開業して呉服太物の取扱を開始。明治17年には「伊藤本店」に改称した。 明治時代初頭における伊藤忠の戦略は、地域展開の拡大にあった。明治15年に京都支店を新設して多拠点の展開を開始し、明治18年頃からは海外向けの貿易業に本格参入。神戸とサンフランシスコに拠点を設置し、欧米から雑貨を輸入して販売した。当時の貿易業は「外国商館」が主流であり、日本人による雑貨輸入に従事したのは、伊藤忠と森村組のみと言われ、貿易事業では国内のパイオニアとなった。<h3>綿貿易により繊維商社として発展</h3> 創業期における伊藤忠の転機は、中国産の綿の輸入開始であった。1895年に日清戦争が終結したのを受けて、同年に上海に進出。綿糸の輸入業に参入し、いち早く現地からの輸入ルートを確保した。そして、これらの輸入綿糸を大阪周辺に集積する紡績会社に販売する「繊維商社」としてビジネスを確立した。 明治時代から大正時代を通じえて大阪周辺に紡績会社が勃興しており、伊藤忠は「日清戦争終結後にいち早く中国からの輸入綿を取り扱う」ことで、繊維商社として発展する礎を築いた。
1950〜2023
伊藤忠商事 | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
139456億円
2023.3 | 収益
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
8446億円
2023.3 | 当期純利益