山内房治郎氏が1889年に花札の製造を行うために、京都市内の鴨川近く(五条楽園)にて「任天堂骨牌」を創業した。任天堂としての創業は1889年だが、4年先立つ1885年に山内房治郎氏は「任天堂骨牌」の他に「灰孝本店」というセメント販売業(問屋)を創業していた。つまり、山内家としては「セメント販売業」と「花札製造業」の2つの事業展開を行ったのが、任天堂の創業経緯である。 セメント販売業の事業は好調であり、1918年に小野田セメントと契約を締結。京都市内のコンクリート建築が増加する追い風によって事業を拡大した。 花札製造業についても、国内トップのタバコ会社だった村井兄弟商会と取引を行うことで業容を拡大。花札とタバコの顧客の親和性が高いことが功を奏した。1902年には「かるた」の製造に参入することで、娯楽メーカーとしての道を鮮明にした。
1959〜2022
任天堂 | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
16953億円
2022.3 | 売上高
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
4776億円
2022.3 | 当期純利益