SCREENホールティングスの歴史

Last Updated: | Author: @yusugiura
歴史概要
「思考展開」によって銅版印刷から半導体製造装置への業態転換に成功。ウエハー洗浄装置で世界トップシェアを確保
1868
京都市内にて「石田旭山印刷所」を創業
石田才次郎は銅版印刷のための「石田旭山印刷所」を個人創業。京都の名所図絵をカラーで再現できる銅版であり、色彩の再現技術を磨く
1943
大日本スクリーン製造所を設立
写真技術を研究開発するために、石田旭山印刷所の社内ベンチャーという形で「大日本スクリーン製造所」を設立。研究開発型企業としてスタートし、ガラススクリーンや写真製版機械の生産を開始した。
1962
大阪証券取引所第二部に株式上場
1963
カラーテレビ向けシャドーマスクの開発
白黒テレビは日本国内で普及したものの、カラーテレビは普及率はごくわずかであった。そこで、ソニーはカラーテレビの開発を決め、重要部品であるシャドーマスクの開発を大日本スクリーンとともに推し進めた。この結果、大日本スクリーンはシャドーマスクの開発に成功し、ソニーのカラーテレビの販売拡大とともに業容を拡大する。
1975
半導体製造装置(ウエハー洗浄装置)の開発
(参入経緯は調査中)
1994
売上高で電子工業向け機器が、印刷関連機器を上回る
半導体洗浄装置の販売拡大により、写真印刷関連機器の売り上げを凌駕。業態転換を達成する
2007
半導体洗浄装置で世界シェア50%
バッチ式ウエハー専用装置で世界シェア50.8%を確保
2014
持株会社化により社名を「SCREENホールディングス」に変更
大日本スクリーン製造からSCREENホールディングスへと、実質的に商号が変更された
2020
半導体洗浄装置で世界シェア71%
バッチ式洗浄装置で世界シェア71%、牧葉式洗浄装置で世界シェア45%(1位)を確保