<h3>セラミック部品メーカーを起業</h3> 1959年4月に京都市中央区西ノ京原町に京都セラミック(現・京セラ)を設立。創業者はセラミックの技術者であった稲盛和夫氏(当時27歳)であり、それまで勤務していた松風工業が倒産したため、サラリーマンから起業家に転身した。 稲盛氏は松風工業において、特殊磁器(アルミナ磁器・フォルステライト磁器)の開発に携わっており、当時としては最先端の技術を扱っていた。これらは絶縁の性質に優れており、1960年代以降、主に電子部品に活用される素材であったが、当時は電子部品が普及しておらず市場は限定的であった。<h3>資本政策:宮木電機の関係者がシード投資</h3> 会社設立にあたって、稲盛氏は出資者を募った。この中で、松風工業の勤務時代にともに仕事をしていた青山政次氏の紹介で、宮木電機の専務であった西枝氏(青山氏の大学時代の友人)に接触。そして、宮木電機の創業家である宮木氏は、稲盛氏の「情熱」を評価してシード出資を決定した。 1959年における京セラの会社設立時の資本金は300万円であり、1962年7月までに増資を3回実施。1963年時点で資本金を1700万円となった。 出資により設立された経緯から、資本政策の面では、稲盛氏は筆頭株主ではなかった。ただし、1971年の株式上場までの間に稲盛氏は株式を買い戻し、上場直後の1972年5月時点で稲盛氏は京セラの筆頭株主(保有比率31.6%)となった。 1963年の時点で筆頭株主は宮木男也氏(宮木電機社長・4,300株)であり、続いて西枝一江氏(宮木電機取締役・4,000株)、青山政次氏(3,700株)、稲盛和夫氏(3,500株)という保有順であった。 したがって、京セラは稲盛氏が創業した会社であったが、資本政策の面では宮木電機の影響を受けており、京都の財界人が支援する特殊な企業であった。<h3>パナソニック向けに部品納入・高収益を確保</h3> 稲森和夫氏がセラミック技術者であり、松風工業時代にアルミナ磁器の開発に携わったことから、京セラは創業期からセラミックを活用した製品を展開した。そして、創業期の主力製品に育ったのが、ブラウン管テレビ向けの部品「U字ケルシマ」であった。U字ケルシマはセラミック(高周波絶縁のフォルステライト磁器)の絶縁部品であり従来は高額な輸入品が主流であったが、京セラは自社開発によって国産化に成功。 そして、U字ケルシマの大口納入先は松下電器(パナソニック)であり、月産20万本の量産体制を構築。1950年代を通じてブラウン管テレビの普及に合わせて、京セラも業容を拡大した。 1963年までに、パナソニック・三菱電機・ソニー・東芝・日立・NECなどの大手電機メーカーとの取引を開始し、電子部品メーカーとして発展。創業翌年から黒字を確保し、1963年には売上高8400万円に対して営業利益1190万円を計上。従業員数は129名に達し、京セラは高収益な中小企業となった。<h3>戦略策定せずに経営</h3> 稲盛氏が経営トップを歴任した1959年から1986年にかけて、京セラは「中小企業から大企業」へと業容を拡大したが。戦略を策定せずに経営を遂行した。数年にわたる経営計画は外部環境によって左右されると考え、経営計画は「年次計画」のみとして経営に従事した。 かねてより稲盛氏は「来年のことはおおよそ予想がつく。しかし、2年先、3年先、5年先というのは」という持論を展開しており、1986年に稲盛氏が社長から会長を退いた後、京セラは経営計画に基づく経営に移行した。
1960〜2024
京セラ | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
20042億円
2024.3 | 売上高
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
1010億円
2024.3 | 当期利益
2002年〜

京セラ | キャッシュフロー

単位:億円
出所:有価証券報告書