ロームの歴史

あえて最先端の半導体には手を出さず、数世代前の半導体で利益を確保。後工程製造装置や検査装置の内製化でコスト低減。カスタム品に特化して価格競争を回避

Last Updated:
Author: @yusugiura
1954〜1967 - 創業経緯
ピアニストの夢を諦めた佐藤研一郎氏(当時23歳)が起業。小型抵抗器の製造メーカーを地元の京都で創業
1954 12月
個人創業
[*出所1-1]
佐藤研一郎氏が東洋電具製作所を個人創業
ピアニストになることを諦めた佐藤研一郎氏(ローム創業者・当時23歳)は、特技であった電子部品工作で起業を決意。地元の京都市内にて、小型抵抗器の製造を行うために「東洋電具製作所(現ローム)」を個人創業した
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
1993/3/8日経ビジネス
1958 09月
会社設立
[*出所1-2]
株式会社東洋電具製作所を設立
株式会社に改組。抵抗器業界の競合会社は「KOA」「北陸電気工業」など
1959 09月
設備投資
[*出所1-3]
西大路工場(京都市右京区西院溝崎町21)を新設
現在の本社所在地に工場を新設
1961 09月
本社移転
[*出所1-4]
京都市右京区西院溝崎町21に本社移転
1966 08月
子会社
[*出所1-5]
岡山県にワコー電器株式会社を設立
京都市内の本社工場が手狭になったことを受けて、岡山県笠岡に生産子会社を設立。ロームは付加価値の高い前工程を本社工場で、単純作業の多い後工程を生産子会社で行う体制を構築
Performance > 1954〜1967
1967〜1979 - 業態転換
ICの生産に本格参入するが、オイルショック後の財務悪化で倒産危機に直面
1967
新規参入
[*出所2-1]
ICへの参入を決定
ICの普及を受けて、佐藤研一郎氏は抵抗器の需要がなくなることを危惧。巨額投資が必要となるICに参入することを宣言。当時のロームの売上高は40億円前後であり、京都の中小企業に過ぎなかった
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
1996/6/3日経ビジネス
1969
子会社
[*出所2-2]
ローム・アポロ株式会社を設立
国内の生産子会社として福岡県に設立
1970 08月
海外進出
[*出所2-3]
北米にROHM CORPORATIONを設立
ICの生産のために、シリコンバレーに拠点を設置
1972
海外進出
[*出所2-4]
ROHM Korea Corporationを設立
韓国に進出。後工程における現地生産を開始
1973
経営危機
オイルショップにより販売不振へ
1974
新製品
[*出所2-6]
サーマルプリントヘッドの発売
1974
海外進出
[*出所2-7]
ROHM Electronics (H.K.) Co., Ltdを設立
香港に進出。低付加価値な製品の現地生産を開始
1975 12月
経営危機
不渡り回避のため銀行へ日参
オイルショックによる不況でロームは過剰在庫の問題に直面。倒産の危機に陥り、不渡りを回避するために佐藤研一郎氏が銀行に日参するなど、経営が危機的な状況へ
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
1993/3/8日経ビジネス
Performance > 1967〜1979
1979〜1990 - 急成長
ICへの集中投資を継続。前工程は本社または国内子会社、後工程は東南アジア子会社で実施し、グローバルな分業体制を確立
1979 08月
商号変更
[*出所3-1]
商号をローム株式会社に変更
ICの需要が徐々に上向くにつれて、ロームの業績も回復。海外展開を見据えて「東洋電具製作所」から「ローム」に商号を変更
1981
子会社
[*出所3-2]
ローム福岡株式会社を設立
1982 06月
設備投資
[*出所3-3]
半導体研究センターを新設
技術開発への投資を開始。ただし、半導体は数世代前のカスタム品に特化し、大企業との競合を回避
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
1996/6/3日経ビジネス
1983 11月
株式上場
[*出所3-4]
大阪証券取引所第2部に株式上場
1984
子会社
[*出所3-5]
ローム甘木株式会社を設立
福岡県朝倉市に生産子会社を設立。2009年会社解散
1986 04月
設備投資
[*出所3-6]
LSI開発センターを新設
投資額200億円(売上高の20%に相当)
1987
海外生産
[*出所3-7]
ROHM Integrated Systems (Thailand) Co., Ltd.を設立
タイに製造現地子会社を設立
1989 01月
株式上場
[*出所3-8]
東京証券取引所第1部に株式上場
1989
海外生産
[*出所3-9]
ROHM Electronics Philippines, Inc.を設立
フィリピンに製造現地子会社を設立
1989
海外生産
[*出所3-10]
ROHM-Wako Electronics (Malaysia) Sdn. Bhdを設立
マレーシアに製造現地子会社を設立
Performance > 1979〜1990
1990〜2008 - 経営改革
収益性改善のために生産品目の削減と値上げを実行。日本屈指の高収益メーカーに変貌
1990
経営方針
[*出所4-1]
利益率改善のために品目削減と値上げを実行
部品メーカーとしてロームは単独で値上げを決断。カスタム品が中心だったこともあり、顧客との取引中止は最小限に抑えた。この結果、ロームは利益率を改善
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
佐藤研一郎氏(ローム創業者)
1993/11/22日経ビジネス
1997
企業買収
[*出所4-2]
ヤマハの天竜工場を100億円で買収
ローム浜松を設立。ローム95%・ヤマハ5%を出資
2002 04月
設備投資
[*出所4-3]
オプティカルデバイス研究センターを新設
2003 01月
設備投資
[*出所4-4]
LSI計測技術センターを新設
2003 10月
設備投資
[*出所4-5]
ロームつくばを設立
LSI Logic Corporationから工場を買収(稼働は1995年より)。PCおよびテレビ向けのダイオードの生産拠点として活用
2007 03月
設備投資
[*出所4-6]
ローム浜松に約400億円投資(2カ年)
FY2005からFY2006にかけて、ローム浜松に約400億円を投資
2008 03月
設備投資
[*出所4-7]
タイの生産子会社への投資を本格化
FY2007に80億円を投資。以後、毎年約60億円〜130億円の投資を10年以上にわたって継続。東南アジアではタイとフィリピンの2拠点に集中投資し、韓国・中国(大連・天津)への投資は抑制
Performance > 1990〜2008
2008〜2013 - 経営改革
買収した沖電気の半導体事業の不振と、主要顧客だった家電メーカーの苦境の煽りを受ける。赤字転落により希望退職者の募集へ
2008 10月
企業買収
[*出所5-1]
沖電気工業の半導体事業部門を857億円で買収
ロームとして巨額買収を決定。株式の95%を取得。ただし、直後にリーマンショックが発生し、半導体事業の拠点だった八王子工場の閉鎖を決定するなど、苦しい展開に
2009 02月
会社解散
[*出所5-2]
ローム甘木株式会社を解散。正社員100名を解雇
生産子会社ローム甘木(福岡県)を解散。正社員は解雇。10%の従業員は福岡市内のロームアポロで受け入れへ
2009 04月
株主提案
[*出所5-3]
大株主のブランデスが150億円の自己株式取得を要求
米系投資ファンド・ブランデス・インベストメント・パートナーズ・エル・ピーがロームに対して資産圧縮を要求。ロームは要求を途絶。株主総会で自己株取得の賛成比率28%で否決へ
2009 07月
企業買収
[*出所5-4]
ドイツ・サイクリスタル社を買収
2010 03月
社長交代
[*出所5-5]
創業者の佐藤研一郎氏が社長退任。澤村諭氏が社長就任
佐藤研一郎氏は代表権のない「名誉会長」に就任
2011 11月
減損損失
[*出所5-6]
減損損失86億円を計上。沖電気の買収関連など
2012 02月
減損損失
[*出所5-7]
タイ洪水の影響により100億円の減損損失を計上
2013 03月
会社解散
[*出所5-8]
ロームつくばを解散
2013 05月
業績低迷
[*出所5-9]
減損損失533億円を計上。希望退職者219名を募集
希望退職者の募集以外に、国内子会社・海外子会社を含めて人員減へ
2013 12月
資産売却
[*出所5-10]
八王子の工場跡地を140億円で売却
ラピスセミコンダクタ(旧沖電気)の工場跡地。売却先は大和ハウス。東京都八王子市東浅川町550番1および549番6
Performance > 2008〜2013
2014〜2022 - 経営改革
車載向けのシフトが進み業容を拡大
2015 04月
企業買収
[*出所6-1]
ルネサスのRSMC滋賀工場を買収
2015 12月
設備投資
[*出所6-2]
RIST(タイ)にて後工程の工場増設
2016 02月
設備投資
[*出所6-3]
ローム滋賀にて前工程の工場増設
2016 08月
設備投資
[*出所6-4]
RWEM(マレーシア)にて後工程の工場増設
2018 04月
社長交代
[*出所6-5]
藤原忠信氏が代表取締役社長に就任
2018 06月
業務提携
[*出所6-6]
GaNシステムズ社と協業を開始
2019 12月
業務提携
[*出所6-7]
パナソニックから半導体デバイス事業を一部譲受
2020 01月
キーパーソン
[*出所6-8]
創業者の佐藤研一郎氏が逝去
保有株式を公益財団法人ロームミュージックファンデーションに寄付。ロームミュージックファンデーションによるロームの保有株式比率は7.66%から10.33%に増加
Twitterを読み込み中....
2022 03月
ガバナンス
[*出所6-9]
社外取締役にPeter kenevan氏が就任
PayPal日本事業統括責任者を兼務
2022 11月
業績好調
[*出所6-10]
業績予想を上方修正
自動車関連向けの好調により、業績予想を上方修正
Performance > 2014〜2022

Performance > Details

[表] 各拠点の人員数・設備投資額の推移

NewsArchive > Tweet

0 References.

[*1-1]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*1-2]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*1-3]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*1-4]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*1-5]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*2-1]
1996/6/3
日経ビジネス「編集長インタビュー・佐藤研一郎氏」
[*2-3]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*3-1]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*3-3]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*3-4]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*3-6]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*3-8]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*4-1]
FY2022
ローム「有価証券報告書」
[*4-2]
FY2022
ローム「有価証券報告書」
[*4-3]
FY2022
ローム「有価証券報告書」
[*4-4]
FY2022
ローム「有価証券報告書」
[*4-6]
FY2006
ローム「有価証券報告書」
[*4-7]
FY2009
ローム「有価証券報告書」
[*5-1]
FY2022
ローム「有価証券報告書」
[*5-4]
FY2022
ローム「有価証券報告書」
[*6-6]
FY2022
ローム「有価証券報告書」
[*6-7]
FY2022
ローム「有価証券報告書」