<h3>日本ガイシで点火プラグを9年間研究</h3> 絶縁部品の「がいし」メーカーであった日本碍子において、技術者であった江副孫右衛門氏が海外で普及しつつあった点火プラグに着眼。そこで、大正10年(1921年)から自動車向けの点火プラグの研究開発を開始した。 しかし、通常の陶器とは違い「電気絶縁性能・強度・急熱急冷(60度〜2000度)への耐性」が必要であり、絶縁体の原材料の模索や、焼成技術の確立に時間を要した。 その後、直下式磁気焼成用トンネルの生産設備を完成させ、点火プラグの実用に耐える磁器(絶縁体)を開発し、販売に目処を立てた。<h3>プラグの販売開始</h3> 1926年に試作品として1000個のプラグを生産したが、不良品が2〜3個発見されたため、販売計画を中止。点火プラグの品質は、自動車の性能に影響することから品質管理を徹底するまでは発売を見送った。 その後、歩留まりの改良を経て、1930年から自動車向けの点火プラグの製造販売を開始した。このため、研究開始から実用化までに約9年を費やす形となった。 1930年代を通じてトヨタ自動車などの国内自動車メーカーが成長したことを受けて、点火プラグの需要も増大した。<h3>日本ガイシから日本特殊陶業の分離</h3> 自動車の国産化により増大する点火プラグ需要に対応するため、日本ガイシは点火プラグ事業の分離を決定。1937年に別会社として日本特殊陶業を資本金100万円で設立。日本ガイシの隣接地にて、日本特殊陶業の本社工場を竣工し、自動車向けて点火プラグメーカーの製造・販売を開始した。 日本特殊陶業の初代社長には、日本ガイシで点火プラグの開発の従事し続けた江副孫右衛門氏が就任。会社設立時点で従業員数259名の規模で操業を開始した。 戦時中を通じて点火プラグの輸入(独ボッシュ社、米AC社など)が途絶したことにより、日本特殊陶業に対する点火プラグの注文が増大。国産自動車メーカーに対して、国産点火プラグを納入することで業容を拡大した。
1950〜2024
日本特殊陶業 | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
6144億円
2024.3 | 売上収益
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
826億円
2024.3 | 当期利益
2005年〜

日本特殊陶業 | キャッシュフロー

単位:億円
出所:有価証券報告書