2010年に庵原保文氏(元ヤフー社員)と、佐野将史氏(ヤフーに勤務)は、スノーボードのHow toを紹介する個人アプリを共同開発した。当時はスマートフォンの普及過程にあり、有象無象の個人アプリが台頭した時期にあたる。アプリ開発に従事する中で、庵原保文氏は汎用的なアプリに可能性を見出す。 ただし、庵原保文氏は早急な起業は避けて、2年間は副業として会社経営に従事した。2010年にヤフーを退職した後は、シティーバンクに転職してwebマーケティングの業務に従事しており、副業として汎用アプリの開発を継続した。 副業としての個人創業から、会社としての起業に至るまで2年かかった理由は、アプリのプラットフォームは前例がないシステムであり、技術的な試行錯誤も必要であった背景もある。 このため、ヤプリの事業は順風満帆とは言い難かった。当初は、中小企業や個人をターゲットにしていたが、当時はスマホの普及過程であり、ユーザーの獲得に苦戦する。このため、継続的な収益を計上する道筋は厳しく、会社設立から最初の2年は苦戦続きであったという。 創業当初の資金繰りは、庵原保文が身銭を切ったらしい。
2015〜2022
ヤプリ | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
41.42億円
2022.12 | 売上高
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
-9.41億円
2022.12 | 当期純利益