畑崎廣敏氏(当時22歳)と木口衛氏の2名は、勤務先の光商会(セーターの卸売業)を退職。セーターの卸を行うワールドを神戸市内に設立した。当時のニット製品の卸売業は独立が当たり前の業界であり、起業は珍しい選択ではなかった。仕入れ面ではメーカー開拓、販売面では小売店舗の開発をそれぞれ地道に行い、全国を飛び回ったという。
1971〜2022
ワールド | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
1713億円
2022.3 | 売上収益
売上高_税込利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
2.3億円
2022.3 | 当期利益