戦前に日本一の貿易会社であった三井物産は、当時注目されつつあったパルプを原料とする「レイヨン」の開発研究を決断し、東レ(東洋レーヨン)を創業した。日本には蓄積されていない技術であったため、東レは外国人技術者を積極雇用することによって、レーヨンの実用化を目論む。なお、創業に三井物産が関与したことから、2020年の現在でも東レは本社を三井財閥の本拠地である東京日本橋に据えている。
1952〜2023
東レ | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
24893億円
2023.3 | 売上高
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
728億円
2023.3 | 当期利益