<h3>裕福な田村市郎氏がトロール船に着眼</h3> 日本水産の創業者は田村市郎氏(1866年・山口県生まれ)である。父親は久原庄三郎氏であり、山口県で酒蔵を営む裕福な家系にあった。親族には戦前に大手財閥として知られた久原財閥(日産コンツェルンの)創始者がおり、事業家の一族でもあった。 このため、日本水産の創業期は資金繰りで苦労することはあまりなく、戦前に日産財閥の水産部門として経営されることの布石となっている。 日本水産の創業者である田村市郎氏は、久原家に生まれたものの、母方の家業である田村商店を受け継いだことから、田村姓を名乗るようになった。そして、田村商店においてスケソウダラの搾油事業に従事した経験から漁業に関心を抱き、近代船舶である「トロール船(動力船舶による曳網漁業)」の将来性に着画した。 そこで、田村氏は、父である久原庄三郎氏から100万円の支援を受け、トロール船による漁業への参入を決めた。<h3>田村汽船漁業部の創業(ニッスイ創業)</h3> 1911年に田村市郎氏は田村汽船漁業部(現・ニッスイ)を山口県下関にて個人創業した。国産の船舶では生産効率が低かったことから、創業の時点でイギリスのスミス造船所にトロールを発注。久原家の資金力を生かした事業展開を行い、優秀な外国船舶の購入を実現。当時はトロール船による漁業編参入が相次いだが、ニッスイは潤沢な資金力によって創業時点で優位性を発揮した。 1917年には「7隻を保有する田村汽船漁業部」と「18隻を保有する共同漁業」が合同して事業規模を拡大した。この時に、共同漁業による田村汽船の吸収の形式をとったが、これは知名度が高い共同漁業の名前を生かすための施策であった。当時の共同漁業は経営不振に陥っており、番頭に相当する人物が急逝していたこともあり、田村汽船が救済する形であった。
1950〜2023
ニッスイ | 売上高
■単体 | ■連結 (単位:億円)
7681億円
2023.3 | 売上高
売上高_当期純利益率
○単体 | ○連結 (単位:%)
212億円
2023.3 | 当期純利益
2000年〜

ニッスイ | キャッシュフロー

単位:億円
出所:有価証券報告書