ビジネスパーソンに長期視点を普及する
updated:

阪和興業の歴史

1946年

阪和商会を創立

北二郎ら3人兄弟で阪和商会を設立。創業時は様々な商品を取り扱っており、特にユニークな点はなかった。

1949年

鋼材倶楽部に加入

阪和興業は鉄鋼商品の取り扱いを拡大するために鋼材クラブに加入したが、八幡製鉄や富士製鐵といった鉄鋼メーカーの指定問屋ではなかった。それでも、北茂が中心となって学生時代の人脈をたどって営林局などの納入先を開拓。阪和興業はダム建設現場向けの鉄道用の軽レールを納入するなど、鉄鋼商社として頭角を現す。

1950年

梅田倉庫を新設

鉄鋼製品の即納体制を確立するために、大阪梅田に倉庫を新設。以後、全国各地に倉庫を建設することで、阪和興業は「即納体制の整った商社」として業界内でユニークなポジションを確保する。

1953年

入船倉庫を新設

即納体制を充実させるために、大阪に倉庫を新設

1957年

枝川倉庫を新設

即納体制を充実させるために、東京江東区に倉庫を新設

1959年

桜島倉庫を開設

即納体制を充実させるために、大阪に倉庫を新設

1961年

船橋倉庫を開設

即納体制を充実させるために、千葉に倉庫を新設

1963年

株式上場

大阪証券取引所第2部に上場

1974年

名古屋鉄鋼センターの新設

阪和興業の倉庫は大阪と東京に集中していたが、自動車産業の成長が著しい名古屋(愛知県)に進出

1983年

北茂が社長就任

北家の兄弟の末弟の北茂が社長に就任。本業の鉄鋼ではなく、財テクを本格化させる。

1990年

財テク利益により「優良商社」と賞賛される

積極的な資金運用によって阪和興業は財テクにより莫大な利益を確保。1985年には153億円だった資本金は、わずか5年後の1990年には1414億円へと増大し、財テクの成功企業としてもてはやされた。

北茂(阪和興業・元社長)の発言
北茂(阪和興業・元社長)の発言

私んとこは、もともと何もないとこから始めてますからね。創業時にあったものと言えば、食うためには何でもやってやろうというバイタリティーだけやったね。鉄鋼問屋いうても、昔から鉄鋼メーカーにくい込んでいた問屋とは違う。初めは永野さんや稲山さんのような鉄鋼界の大物とは、お付き合いがなかったですからね。自動車メーカーなど大手ユーザーとの大口契約、いわゆる「ヒモ付き」の商売には、入れてもらえなかったんです。「ヒモ付き」の商売では、問屋は、鉄鋼メーカーと需要家とで決めた通りに、製品を流しとりゃいいわけやから利幅は薄い代わりに間違いはない。安定しとるんですけどね。そういうのと私んとこは縁がないから、自分で製品を在庫しておいて、お客さんが欲しいと言うものを一つひとつ売ってるわけや。いうたら、小口のお客さんを相手にする百貨店やスーパーみたいなもんや。お客さんは、「今日、これが必要や」というんで、私んとこへ来る。そういう注文に、すぐ対応せないかんから扱う商品も、どこのメーカーのものとは限らない。初めから変化の多い商売ばかりやってきたんです。

1984/6/11日経ビジネス「編集長インタビュー・北茂」
1994年

特別損失1200億円を計上

バブル崩壊により、阪和興業は財テクの損切りを決断。上場企業としては異例となる1200億円の特別損失を計上し、本業への回帰に方針転換する。

1994年

北茂が社長退任・北修爾が社長就任

財テクによる損失の責任をとり、北茂が社長を退任。後任として北修爾が社長に就任した。

1998年

任意有償の資本減少を臨時株主総会で決議

2002年

復配へ

1994年以後、阪和興業は財テク損失の清算ために8期連続の無配に転落していたが、2002年に配当を復活した。

2008年

経常利益212億円

リーマンショック直前の2008年3月期に阪和興業は212億円の経常利益を計上。中国における旺盛な鉄鋼需要による鉄鋼市況の高騰が、阪和興業の利益の下支えとなった。

2020年

経常赤字125億円

阪和興業はクロム鉱石採掘およびフェロクロム生産のために投資した南アフリカの「SAMANCOR」に関する減損を273億円計上。全社で125億円の経常赤字に転落した。

関連する企業

競合企業や同じ業種の会社など