帝人の歴史

創業年
-
上場年
-
従業員数
-
平均年齢
-
平均年収
-万円
画像は準備中です...
  • 歴史
  • 沿革
  • 業績
1915年

鈴木商店が山形県米沢の繊維工場跡を買収

大正時代に日本を代表する商社であった鈴木商店は、成長著しい繊維市場に参入するために、1915年に旧上杉藩の繊維工場(生糸生産)を買収した。鈴木商店は生糸などの天然繊維ではなく、まだ研究途上にあったレーヨンという化学繊維に着目して事業化を試みた。
1918年

帝国人絹(帝人)を設立

日本人技術者によってレーヨンの開発に目処がつき、1918年に鈴木商店は繊維事業を「帝国人絹(帝人)」として株式会社化する。
1921年

広島工場の新設

レーヨンの量産ラインを立ち上げるために、広島工場を新設
1926年

岩国工場の新設

レーヨンの量産体制を強化するために、山口県に岩国工場を新設
1927年

親会社の鈴木商店が倒産し、帝人が独立

帝人は鈴木商店の子会社として経営されたが、1927年に鈴木商店が倒産。帝人はレーヨンの需要増大により成長が期待されたため、帝人は一部株主の支援を受けて、以後、独立企業として運営される
1934年

三原工場の新設

レーヨンの量産体制を強化するために、広島県の三原に工場を新設
1945年

大屋晋三が帝人の社長に就任

終戦直後の1945年に大屋晋三が帝人の社長に就任した。以後、1980年に逝去するまで、大屋晋三が帝人の経営を担う
1955年

松山工場の新設

アセテートの量産体制を強化するために、愛媛県に松山工場を新設。だが、同時期に東レはナイロンの量産を開始しており、帝人は技術選択で致命的なミスを犯す
1957年

英ICIから東レと共同でポリエステル繊維の技術を導入

1950年代に帝人は合成繊維ナイロンの事業化に遅れ、合成繊維分野では東レに劣っていた。そこで、帝人は劣勢を挽回するために、1957年に英ICIと技術提携を締結し、東レと帝人の2社がポリエステル繊維の技術を導入した。
1961年

V字回復を達成

ポリエステル繊維の市場拡大によって帝人は業績を改善。1961年頃にには売上高純利益率5%前後となりV字回復を成し遂げた。
1968年

未来事業部門を発足し、経営の多角化を推進

合成繊維事業をとりまく競争環境が悪化しつつあったため、帝人は繊維以外の事業に多角化する方針を掲げて「未来事業部門」を発足した。以後、帝人はで多角化を推し進め、ナイジェリアでの石油開発、ガラス長繊維、コンピューター、化粧品、教育、医薬品、ガソリンスタンド、ブラジルでの牧場、自動車販売(帝人ボルボ)など、多種多様な事業に参入した。
大屋晋三(帝人・当時社長)の発言
後進国の工業化に伴う軽工業品貿易構造の変化の加速化は、かつて生糸、綿糸などの世界的輸出国であったわが国が、今や輸入国に転換することを余儀なくされたことに端的に表れている
1969/05経済人「未来論的立場からみた企業のあり方・大屋晋三」
1978年

5年間で5000名の人員削減

1970年代に合成繊維業界における過当競争によって、繊維メーカー各社の業績が悪化。経営の多角化によって乱発した事業も大半が行き詰まり、帝人は5000名の人員削減を決断する。
1978年

名古屋工場を閉鎖

帝人は名古屋工場(笠寺駅前)を廃止。跡地は現在、日本ガイシホールとなっている。
1980年

大屋晋三が逝去。

帝人の創業期から事業に関わり、長らく帝人の経営を担ってきた大屋晋三が逝去。1950年代の合成繊維「テトロン」での成功の一方で、1970年代は方向性が定まらない経営の多角化を推進しており、評価の分かれる経営者であった。
1980年

医薬事業への集中投資

大谷社長の後任として徳末知夫が社長に就任し、未来事業(多角事業)の整理を決断した。このうち、医薬品事業に集中投資をする方針を掲げて年間30億円を投資し、帝人は創薬メーカーへの業態転換を図る。
1996年

医薬品が帝人の収益源に育つ

1996年ごろに帝人の利益の1/2を医薬品事業が稼ぎ出すようになり、帝人は医薬品事業への転身に成功する。特に重症感染症治療剤の「ベニロン」が好調であった。
歴史
沿革
業績