コスモス薬品の歴史

創業年
-
上場年
-
従業員数
-
平均年齢
-
平均年収
-万円
画像は準備中です...
宇野正晃(コスモス薬品・創業者)
  • 歴史
  • 沿革
  • 業績
1973年

宇野回天堂薬局を創業(コスモス薬品の創業)

宇野正晃(当時26歳・1972年東京薬科大学卒業)は宮崎県延岡市にて売り場面積66m2の小規模薬局を創業。当時は街の薬局に過ぎず、ユニークな存在ではなかった。
1991年

株式会社コスモス薬品を設立

株式会社化によって事業の本格展開を開始
1993年

ドラッグストアの本格展開を開始

宮崎県宮崎市に売り場面積600m2の「浮之城店」を開業。本格的なドラッグストアの店舗展開をするために、多店舗展開に舵を切る
2002年

閉店時間を22時から21時に繰り上げ

従業員の生産性を高めるために閉店時間の繰り上げを実施。2003年には20時の閉店に繰り上げる代わりに、来客の多い17時〜19時の店舗接客を充実させる方針を打ち出している(現在は21時閉店)。
2003年

ポイント還元を廃止

コスモス薬品の宇野社長はポイント還元の廃止を決断。すでに2001年に日替わりによる特売を中止しており、2003年のポイント還元廃止によりEDLPを本格化させた。一時的に売上が低迷することが予想されたため、あえて上場前に廃止を決める。なお、社内では驚きの声が上がったという。
2004年

東証マザーズに株式上場

東証マザーズに上場。2006年には東証一部に上場を果たす
2006年

自社物流センターを福岡県八女に新設

九州におけるドミナント出店を継続するために、福岡県八女に自社で物流センターを新設した。
宇野正晃(コスモス薬品・創業者)の発言
既存店の売上高の一時的な落ち込みを避けようとするなら、中・四国地方など新天地の開拓に力を入れる方がいい。だが、それでは大きな魚を逃してしまう。九州を我々の店で埋め尽くせば、会社の経営基盤は盤石になる。日南(筆者注:商圏6万人に対して4店舗を展開する宮崎県日南市)はコスモスの未来図であり、400店達成後の九州の縮図である。
2007/1/22日経ビジネス「コスモス薬品」
2012年

九州地区最大の小売業へ

コスモス薬品は売上高2790億円を達成し、九州地区のトップ小売業だったイオン九州を売上高で抜き去った。ドラッグストアの多店舗展開から約20年弱で九州最大の小売業へと躍進した
2017年

創業者・宇野正晃が会長就任

コスモス薬品の創業者である宇野正晃が社長を退任し、会長に就任
2019年

首都圏に進出

関東地区への進出を本格化させるため、東京メトロ広尾駅前に「広尾駅前店」を新設。以後、首都圏における店舗展開を積極化する
2020年

九州を中心に1058店舗を展開

コスモス薬品は九州を中心にドミナント出店により業容を拡大した。2020年5期には店舗数1000を突破し、九州555店舗、四国114店舗、中国175店舗、関西159店舗、中部48店舗、関東7店舗を展開し、ドミナントを守りつつ業容を拡大している。
歴史
沿革
業績