ビジネスパーソンに長期視点を普及する
updated:

御幸毛織の歴史

1905年

名古屋市内に織布工場を新設(御幸毛織の創業)

御幸毛織の創業者である祖父江利一郎が名古屋市内で繊維業を起業した。当時、繊維産業は輸出産業として急成長を遂げており、御幸毛織も繊維ブームの波に乗って業容を拡大する。

1918年

資本金50万円で御幸毛織を設立

第一次世界対戦の勃発による市況の好調を踏まえ、1918年に御幸毛織として株式会社化された。

1934年

名古屋市内に庄内川工場を新設

名古屋市内に庄内川工場を新設し、量産体制を構築する。

1942年

東洋紡績が筆頭株主

戦時経済体制のために繊維工業も企業集約が行われ、御幸毛織も繊維のトップメーカーであった東洋紡績が筆頭株主となる。以後、御幸毛織は東洋紡の利害関係会社となった。

1953年

ミユキテックスの商標を登録

御幸毛織はコモディティーであった毛織物製品と決別するために、高級な毛織物を「ミユキテック」の商用によって販売。以後、オーダーメイドの高級紳士服(スーツ)向けの原材料を製造することで業容を拡大した。

1973年

イギリスへの高級毛織物輸出に成功

御幸毛織は繊維工業の中心地であったイギリスに高級毛織物への輸出を果たし、日本企業であっても高級な毛織物が製造できることを立証した。御幸毛織としては輸出に注力するのではなく、国内販売に注力したが、英国でも通用することは「ミユキ」のブランド向上に大きく寄与した。

1978年

売上高経常利益率34%を達成

高級スーツ向けの高級毛織物の輸出が好調で、御幸毛織は斜陽とみなされた繊維企業の中では異例の高収益を達成した。1978年における御幸毛織の自己資本率は85.5%、売上高経常利益率は34%(売上高102億円)という驚異的な水準を記録する。

本田孝(御幸毛織・当時社長)の発言
本田孝(御幸毛織・当時社長)の発言

別に目新しい経営をしているわけではない。経営で言えば、経済原則のABCを守ってきただけ。経済学の書物には「借金をしてもいい」とは書いていないでしょう。商品ではいいものをつくる、それにまい進してきただけです。量を追わず、製品の持つ付加価値で利益率を上げる。それも経済原則だと思っている。

1978/10/9日経ビジネス「御幸毛織・高級化ひとすじで経常利益率34%」
1980年

オーストラリアの羊毛工場を買収

さらなる品質向上のために、羊毛原料を確保するためにオーストラリアの牧場を買収してミユキパストラル社を設立。高級毛織物のさらなる品質工場を目論んだ。

1984年

欧米の高級紳士服ブランドとの競争が激化し、減収減益へ

1980年代を通じて円高が進行したため、イタリアなどの本場のオーダースーツが相対的に安くなり、日本人は欧米の高級紳士服を購入しやくすなった。このため、御幸毛織は高級オーダースーツ市場で欧米ブランドとの競争にさらされ、円高の進行とともに減収減益となる。1984年4月期は売上高83億円・経常利益率16億円であり、依然として利益率は高い水準にあったが、減収傾向が鮮明となった。

電子事業部を設置して新規事業に注力

1986年に御幸毛織は高級紳士服市場の競争激化を踏まえて、経営の多角化を率先する方針を打ち出して「電子事業部」を新設した。

2006年

名古屋市内の本社工場を閉鎖

名古屋市内の都心部に存在した本社工場の閉鎖し、繊維事業の縮小に舵を切った。

2008年

本社工場跡地をミユキモールとして開業

御幸毛織は本社工場跡地を「ミユキモール」として開発し、不動産事業を本格化させた。名古屋市内の幹線道路沿いに位置するという好立地条件によって利益を確保し、不動産事業の利益によって繊維事業の不振をカバーした。2009年3月期における御幸毛織のセグメント営業利益の内訳は「繊維事業△4億円、電子事業0.6億円、不動産事業3.3億円」である。

2009年

東洋紡が御幸毛織を完全子会社化。御幸毛織は上場廃止へ

東南アジアにおける毛織物工業の勃興により御幸毛織は競争力を喪失する。2009年に東洋紡は株式交換によって御幸毛織の株式を取得して、御幸毛織は上場廃止となる。

2019年

自己資本比率88.8%。優良体質を維持

上場廃止後も御幸毛織は東洋紡の子会社として存続しており、2019年時点で自己資本比率88.8%という高水準を維持している。同社は非上場のために利益内容の内訳は不明だが、名古屋市内の都心部に位置する「ミユキモール」などの不動産賃貸収入が業績の下支えになっているものと推察される。

関連する企業

競合企業や同じ業種の会社など