スパイダープラスの歴史

Last Updated: | Author: @yusugiura
歴史概要
断熱工事の元請からアプリ企業に転身。主力サービス「SPIDER PLUS」により、建設現場のIT化に貢献
1997
埼玉県戸田市にて伊藤工業を個人創業
伊藤謙自が「熱絶縁工事(元請け)」の個人事業をスタート。もともと建設関係の企業で働いていたが、個人創業によって独立を果たす
2000
有限会社ケイ・ファクトリーを設立
2001年に株式会社に組織変更
2002
アーマセル社の日本認定工事店に認定
香港に拠点を置くアーマセル社と契約し、断熱材「アーマセル」の日本での工事事業を開始する
2010
社内利用していた積算ツールを「SPIDER」としてリリース
建設業では積算にはアナログな工程が多かったため、スパイダープラスでは社内で積算のITツールを開発に業務効率の改善に成功。そこで、積算ツールの外販に狙いを定めて「SPIDER」をリリースするとともに、IT事業の拠点を東京都豊島区に「株式会社ヴェイシス」を設立(2012年に親会社が吸収合併)した。
2011
建設図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」をリリース
スパイダープラスは祖業である断熱工事の知見はあったが、建設業界全般の知見に乏しかった。そこで、空調設備の大手企業と共同開発により、建設図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」をリリースした
2012
商号を株式会社レゴリスに変更
ケイ・ファクトリーがIT事業の子会社「ヴェイシス」を吸収合併し、商号をケイファクトリーからレゴリスに変更
2013
鴻池組が顧客として獲得
大手建設会社の鴻池組が「SPIDERPLUS」を採用。加えて、当時は建設業界では否定的な意見が多かった「クラウド」を容認したことで、スパイダープラスは業界内で知名度を獲得する
2013
東京オリンピック開催が決定し、建設業の一手不足が深刻化
2020年の東京オリンピックの開催決定に合わせて、東京都内ではビルの建設ラッシュに突入。建設業界は深刻な人手不足に見舞われ、業務効率化ツールである「SPIDERPLUS」の販売拡大の追い風となる。
2020
商号を株式会社スパイダープラスに変更
商号を主力商品である「SPIDERPLUS」と同じにするため、株式会社スパイダープラスに変更
2021
東証マザーズに株式上場